1. TOP
  2. TOEIC
  3. TOEICの点数の基準とは?就職・転職で履歴書に書く目安はコレくらい

TOEICの点数の基準とは?就職・転職で履歴書に書く目安はコレくらい

TOEIC  

 

toeicテストでは、英検のように合格とか不合格という形で結果が通知されるわけではなく、スコアという点数によって結果が通知されますよね。

 

そのため、点数を見て基準や目安が分からないと、自分の点数が良いのか悪いのか、それすらも理解することは難しいかもしれませんね。

 

 

toeicのスコアは、最低で10点、最高なら990点満点となっていますが、高得点を獲得するためには、かなりハイレベルなスキルが求められるため、なかなか難しいという特徴があります。

 

 

一流外資系企業への転職で求められる点数の目安は900点以上と言われることがあります。

 

これがどのぐらいの基準かというと、英語圏で数年間生活をした経験のある帰国子女が達成できるレベルとなります。

 

 

もちろん、帰国子女なら誰でも900点台を達成できるというわけではありません。

 

英語圏で生活していたためにリスニング能力に長けていて、しかも英文法や国語の読解力など机上におけるスキルや理解力もハイレベルに備わっている人が達成できる高得点なのです。

 

 

目指すのは750点

Toeicでは、英文法や読解力などを試すリーディングに加え、耳で聞いて答えを探すリスニングに関してもたくさんの問題が出題されます。

 

傾向と対策をしっかりと準備しておけば、それなりの点数を稼ぐことは可能です。

 

ただし、十分な準備をしなかった日本の大学生の基準だと、400点台がおおよその目安となっているようです。

 

しかし、しっかりと試験準備をすればもっと高得点を獲得することは可能です。

 

実際に、試験の形式に慣れておくだけで、100~200点くらいスコアがアップすることは珍しくありません。

 

特に転職の際には、目安として750点~800点ぐらいを基準にするのがおススメです。

 

自分の英語力を客観的に示す指標が欲しい場合には、750点以上は目指しましょう。

 

このぐらいの点数があれば、帰国子女でない人にとってかなりの高得点であるということは企業の面接担当者は分かっていますし、頑張り屋、しかも根気がある人物という点もアピールできるかもしれません。

 

 

弱点を克服しよう

toeicの点数は、トータルの合計スコアに加えて、リスニングやライティングなど各パートごとに細かく分析された結果が通知されます。

 

何回か受験してスコアアップを目指すなら、受験するごとに自分の弱点を克服できるような受験対策をするのがおすすめです。

 

特に、新形式になってからは文章全体を理解していなければ正答できない問題が多くなっているため、単語帳を使ってボキャブラリーを増やしたり、文章の読解力や、単語から文章の意味を把握するスキルなどを磨くという対策が効果的でしょう。

 

 

おすすめの教材はこちらでも紹介しています。

〇英単語のおすすめ!社会人にはこの教材、初心者から上級者にも

〇中学英語のやり直しに!参考書・問題集のオススメ3選

〇TOEIC400点台におすすめの参考書と勉強方法はコレ!

 

\ SNSでシェアしよう! /

English Travelの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

English Travelの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • TOEIC900点の難易度はどれくらい?転職・就職で生かせるのか

  • TOEICの時間配分の目安!新形式リーディングではどうする?

  • TOEICの申し込み期限は?「申し込み忘れた」に注意!

  • TOEIC400点台におすすめの参考書と勉強方法はコレ!

  • TOEICの点数を確認する方法!過去結果は誰でも確認できる訳じゃない?

  • toeicの申し込み方法はコンビニでもOK?キャンセルや過ぎた場合は?